雪道で転ばないウォーキングアドバイス!

「今年の冬は寒いらしい」

と言うことは我が家のあたりはきっと降る!

 

と思ってどうしても欲しかったのが野鳥の会のレインブーツ

昨日の天気予報を観て買いました!(笑)

薄手なので長時間の雪道の歩行には適さないと思いますが

我が家の前の雪かきをするには丁度いい!

 

何と言ってもコンパクトにしまえるのが素晴らしい!

雪かきシャベルも玄関にセットしたのでこれで完璧!

 

しかしこんな雪の日にお仕事や必要な用事のためにお出かけの方も多いはず

そんな方に「街での雪道の歩き方」をアドバイス!

「とにかくに転ばない!」
これです!これに限ります!

<雪の日の歩き方>

○足の裏を全部使って歩くようにする
○今日は膝を曲げていいので(笑)重心を低くして歩く
○前に進むことよりも地球にまっすぐ足を乗せていくように心がけて歩く

雪への接地面積が広くて均等に重さがかかるようにするのがいいです

そう思うとヒールは絶対にNGなのですが使いようによっては雪に対応できる時があります

でもこれは「仕方がない時の心がけ」的なヒールの歩き方なので、最初からそのように歩いていいと言うものではありません

<ヒールで雪の日に出かけてしまった場合>

上記の雪の日の歩き方はもちろんのこと

○しっかりヒールを雪に刺して(ピッケルのつもりで)

○ゆっくりと体重を乗せて確認しながら歩く

 

これはちょっと硬い雪だったり、少し凍りかけている時に私がよく使う手‥、いやよく使う足です(笑)

その代わり、かかとは痛みますので覚悟しないといけませんが‥

 

降り始めの柔らかい雪の時はあまり適さないのでご注意を

 

一番安全なのは、こういったグリップを靴につけて歩くことです

1000円くらいのものでも十分機能してくれますし

どんな靴にも対応できるのが嬉しいですね

何れにしても雪の日は荷物を少なくして、両手が使える状態で外出することをお勧めします

一番いいのはお家でゆっくり雪を眺めていることでしょうけれど

気をつけてお過ごしください

 

 

小野寺MARIKO麻理子のレッスン情報

初心者の方大歓迎です!

 

 

 

関連記事

  1. 足の裏で感じて歩く

  2. 効果的なウォーキング フォーム

  3. ヒールで美しくカッコよく歩くためののコツ1

  4. 膝の痛みを予防する歩き方

  5. ヒールでウォーキング

  6. 雪道で転ばないウォーキングアドバイス 2

Pocket

CONTACT

ウォーキングのレッスンや講演に関する
ご相談を受付けております。

スクールや公演情報を発信しています!
image

スマホからLINE@に登録してください

image